久しぶりにスイッチを入れたエアコンから、嫌な臭いがしたことはありませんか。
そんな嫌な臭いの原因が、カビであることは一般的にも知られるようになりました。
カビは温度が20℃~28℃、湿度が60%を超えたところで活発になり、80%になると凄まじい勢いで繁殖します。
全国で最も湿度が低いとされる東京都でも、湿度は約60%とされているので、カビ対策は切り離すことができない問題でもあります。

 

エアコンの汚れ

体調不良やアレルギーなどの病気の原因ともいわれるカビも心配ですが、カビ以外にも健康に影響する様々な汚れがあります。
そこでエアコンの汚れの種類や原因について紹介します。

 

エアコンの主な汚れ

汚れる主な原因は外部から侵入したものと、内部で発生したものに分けられます。
外部からはダニやダニの糞・死骸、花粉、タバコの煙や臭い、ハウスダスト、自動車の排ガス、ペットの毛・垢・臭い。
内部で発生したものはカビ菌、細菌、微生物などです。

 

エアコンの内部には、安定した湿度と栄養源であるカビが存在しているため、ダニにとって快適な場所といわれています。
ダニの糞や死骸はアトピー性皮膚炎を引き起こし、アレルギー症状の原因にもなります。
小児アトピーの原因にもなるので、お子様がいるご家庭は特に注意が必要です。

 

また部屋を移動するだけでも、ホコリや花粉、ペットの毛などがエアコンの吸込み口やフィルター、熱交換器へ集まってしまいます。
エアコンの汚れは、冷房の効きが悪くなるばかりではなく、嫌な臭い、病気の原因にもなりますので、清潔に保つためにエアコン掃除はとても重要です。

 

エアコン内部のネバネバした汚れ

エアコンの内部では、粘液状のネバネバした気持ちが悪い汚れが発生します。
これは微生物の塊でスライムと呼ばれるものです。
水と栄養分があればどんなところでも発生し、結露水が豊富な冷房期や汚れたエアコンでは発生しやすくなります。
抑制するにはエアコン全体を洗浄する必要があります。


神奈川でエアコン掃除をする際には、エアコンクリーニング実績全国1位の当社にお任せください。
ご家庭用のエアコンや業務用エアコンなど、機種・年式問わずに同じ価格で対応しています。
神奈川県の他にも、東京都、埼玉県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県、静岡県、愛知県、岐阜県の一部地域でもエアコン掃除に伺わせていただきます。
お電話でもお申し込みが可能ですので、お気軽にフリーダイヤルへご連絡ください。

エアコンの汚れ