最近、咳が2ヵ月~3ヵ月にわたって止まらないという方が増えているようです。ずっと続く咳は、もしかしたら咳喘息かもしれません。そんな咳喘息の原因のひとつには、エアコンも挙げられています。

咳喘息って?

咳喘息とは、気管支の病気です。数週間から数ヶ月の間にわたって、咳が続くという症状があります。気道が狭くなり、様々な刺激に対して敏感に反応して咳が発作として現れます。風邪がきっかけとなって起こることも多く、風邪が治っても咳だけが続くという場合には咳喘息かもしれません。
特にアレルギーを持っている方に多いとされており、アレルギーに反応して気道が炎症を起こしているとも考えられています。

咳喘息の特徴

咳喘息は、喘息によくあるヒューヒューやゼイゼイといった喘鳴や呼吸困難はほとんどありません。夜中から明け方にかけて激しい咳が出やすく、気温の急激な変化や喫煙、受流煙、ほこり、カビなどの影響で発作が出ることもあります。

常にのどに不快感があり、長話しをすると声がかれるという特徴もあります。また、咳の発作が激しいと肋骨にヒビが入ったり、胸痛や嘔吐をしたりすることもあります。咳喘息は、放置することで喘息になってしまうこともありますので、喘息になる前に対処することが大切です。

エアコンをつけると咳が出る

初夏や寒くなりはじめる頃に、咳発作が出るという方は少なくありません。その時期には、冷房や暖房を使用しはじめる方が多いかと思います。エアコンは、咳発作の原因のひとつであると考えられています。

エアコンには、ほこりやカビが付着しています。エアコンを起動したことで蓄積したほこりやカビが舞ってしまい、そのほこりやカビを吸って咳発作を起こすこともあるのです。しばらく使用しなかったエアコンを起動させる際には、エアコンクリーニングすることをおすすめします。

エアコンクリーニングでしたら、当社にお任せください。当社では、家計にやさしい激安料金でプロのエアコン清掃業者によるエアコン清掃を行います。対応エリアは、東京、千葉、神奈川などの関東全域となっております。徐々に店舗も拡大しておりますので、大阪近郊にお住まいの方もお気軽にご相談ください。