少しでも費用を抑えようと自分でエアコン掃除を行う方も多くいらっしゃいますが、様々なリスクを伴うためあまりおすすめできません。具体的にどのようなリスクを伴うのでしょうか。

汚れ残り

洗浄スプレーを使っての掃除では、エアコンの内部までしっかりと洗浄できていないケースが多いです。表面の汚れは落ちたように見えますが、奥に汚れが押しやられているだけのケースもあります。リーズナブルだからといって自分で行った結果、汚れを奥に溜め込む結果となってしまいます。

復元できない

自分で徹底的にエアコン清掃しようとなると、当然ながら自力で内部の部品を取り外さなければなりません。基本的にこの分解の作業は決して容易ではありません。特に近年販売されている高性能なエアコンであれば、なおさら分解に困難を極めます。機械の取り扱いに慣れていないと、分解したものの復元できず修理に出さざるを得なくなるケースも珍しくないため注意が必要です。

故障や感電

不用意にエアコン清掃をすると、重大な故障に繋がる恐れがあることも頭に入れておかなければなりません。例えば、内部のフィルターの奥にある熱交換器という部品の取り扱いが複雑で、掃除するときには電源を抜き、電気が通る部分をビニールなどで保護してから行わなければなりません。
万が一スプレーをかけて清掃を行うようなことがあれば、故障だけでなく感電する危険性もあります。このような取り扱いが複雑な部品は他にも多くありますので、十分に注意が必要です。

上記のように、一歩でも取り扱いを間違えればクリーニング料金よりも多額の修理費用がかかってしまう恐れがあります。こうしたトラブルが起こらないよう自力での清掃は避け、プロのエアコン清掃業者やエアコンクリーニング業者へ依頼することをおすすめします。

群馬にお住まいで業者をお探しの方は、どうぞ当社をご利用ください。
満足のいく仕上がりになるよう全力で努めます。
まずはフリーダイヤルよりお気軽にご連絡ください。親切丁寧に対応させていただきます。フォームからの問い合わせも可能です。お待ちしております。